個人営業にオススメしたいのが「ビジネスローン」

個人で事業をされている方には「ビジネスローン」がオススメ

「借入」といって多くの方が思い浮かべるのは、おそらく消費者金融などが提供している“キャッシング”サービスではないでしょうか?消費者金融が提供するキャッシングは、手軽に・素早く借入できて便利なことから、その利用者数は近年増加傾向にあります。

 

ただし、消費者金融のキャッシングには「借入額が制限される」という不便な一面も…。これは、貸金業法(総量規制)により、「消費者金融は、借入希望者の年収の3分の1を超える額の貸付をしてはいけない」と定められているためです。

 

つまり、年収が400万円であれば、借入ができるのは最大でも約133万円(年収の3分の1)だということ。さらに実際に借入ができる金額は、3分の1よりも低く設定されますから、100万円程度と思って良いでしょう。

 

個人で事業をするにあたっての運営資金を必要とされている方などは「これでは足りない…」ということも多いはず。そこで冒頭でも述べた通り、オススメしたいのが「ビジネスローン」なのです。

 

「ビジネスローン」ってなに?

先述の通り、消費者金融をはじめとする(銀行以外の)金融機関からの融資については、総量規制により、借入可能額の上限が“年収の3分の1まで”と定められています。

 

ですが、これには「事業資金として利用する場合に限り(その旨を証明できる場合は)総量規制の対象外とする」という例外が設けられているのです! その例外に当たるサービスが「ビジネスローン」。

 

つまり(銀行に限らず)、消費者金融からの融資でも「ビジネスローン」なら総量規制の対象外になるということ。「ビジネスローン」であれば、銀行以外の金融機関から、年収の3分の1という制限を超える額の借入をすることも可能なのです。

 

例えば……新しく飲食店や雑貨屋さんを始めるため、事業資金の借入が必要になったとします。この場合は、まず銀行に融資をお願いするのが一般的でしょう。とはいえ、銀行を利用した場合には、審査に時間がかかったり、審査が厳しくなかなか通らなかったり、といった問題が生じることもしばしば……。

 

そんなときに頼りになるのが“消費者金融のビジネスローン”です。消費者金融のビジネスローン最大のメリットは何といっても対応が早いこと。申込をしたその日のうちに融資を手にすることができる場合もあるほどです。

 

また、審査も比較的通りやすく、利用手続きが楽というメリットもあります!個人事業において「資金繰り」に頭を抱えている方は多いことでしょう。そうしたときこそ、個人でキャッシングをする場合よりも纏まった額の融資を得やすい「ビジネスローン」をぜひ一つの選択肢として検討してみてください。

 

  • 事業の資金繰りに便利な「ビジネスローン」という選択肢の存在を知ろう!
  • 「ビジネスローン」は総量規制の対象外なうえ、金利が比較的に安く設定されていることが多い!

 

まとめ

事業の資金繰りにお困りの場合は、「ビジネスローン」をご検討ください。総量規制というルールのために、借入額が制限され困った経験がある方も多いかと思われます。

 

ですが「ビジネスローン」なら総量規制の対象外! 「ビジネスローン」には、より希望に沿った額の借入ができるチャンスが用意されているのです。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日